オシャレなデザイナーズ住宅!新築・分譲で選ぶ時に気を付けたいこと

デザイナーズ住宅

子育てしやすいデザイナーズ住宅もある

広々としたリビング

デザイナーズ住宅は、デザイン性だけにこだわり、子育てにはあまり向かないというイメージを持っている方もいるのではないでしょうか?
しかし、デザイナーズ住宅の中にも子育てがしやすいように工夫されたデザイナーズ住宅もあります。

LDKで子どもの様子が分かりやすい

LDKの間取りを取り入れることによって、お母さんがキッチンで料理をしつつ、リビングにいる子どもの様子を確認することができます。
デザイナーズ住宅でも、間取りごとの壁をなくすことが増えており、部屋の壁をなくすことでどこに誰がいるのか分かりやすい設計で作られることもあります。
子どもがどんなことをしているのか、気を配りながら料理をすることができるので、子育てのしやすい間取りと言えるでしょう。

収納は子どもでも片付けられるようにすると便利!

収納スペースの確保は、デザイナーズ住宅づくりでも重視される方は多いでしょう。
新築一戸建てを作る際は、できるだけ収納スペースを作るという人もいらっしゃいます。
しかし、ただ作るだけではもったいないです。
どうせなら、子どもが片付けしやすい収納スペースも作ってしまいましょう。
例えば、リビングに子どもでも手が届くクローゼットを設置したり、秘密基地のようなキッズスペースを作りその中に収納スペースを付けたりと、子どもの習慣を育てられるような家づくりにもデザイナーズ住宅はおすすめです。

最新記事一覧