オシャレなデザイナーズ住宅!新築・分譲で選ぶ時に気を付けたいこと

デザイナーズ住宅

新築・分譲でデザイナーズ住宅を選ぶメリット・デメリット

新築一戸建てや分譲住宅を選ぶ時、生活しやすいかどうかというポイントももちろん重要ですが、やはり気になってくるのが「デザイン」です。
せっかく新築一戸建て・分譲住宅に住むなら、高いデザイン性を持っていて他の人に自慢できるような家に住みたいと思うのは当然のことです。
そんなデザイン性に特化している「デザイナーズ住宅」を選ぶことで、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょう?
今回は、新築一戸建てや分譲住宅でデザイナーズ住宅を選ぶ際のメリット・デメリットをご紹介していきましょう。

デザイナーズ住宅のメリット

まずはデザイナーズ住宅に住むとどのようなメリットがみられるのか、見ていきましょう。

・デザイン性に優れた家に住むことができる
一番のメリットは何と言ってもデザイン性に優れた、オシャレな家に住めるということが挙げられます。
家の設計はもちろんですが、資材や設備にこだわることで理想のデザイナーズ住宅にすることができます。
デザイナーズ住宅は、基本的に建築士がデザインしてくれるものですが、あくまでも依頼された方や家族の理想に合わせてデザインしていきます。
例えば、「和の雰囲気を取り入れつつも、キッチンはアイランドキッチンにして、1階の間取りは壁であまり仕切られない方がいい」というような意見を聞き、それをデザインに取り入れていくのです。
つまり、自分や家族の理想+オシャレなデザインが備わるということになります。

・クセのある土地にも対応できる
土地は、全てが四角い形をしていて、家が建てやすいようになっているわけではありません。
土地に欠けている部分があったり、狭小地だったりと、様々な土地があります。
ハウスメーカーなどで販売されている規格が決まっている家を選んでしまうと、その土地に合わないケースもあるのです。
しかし、デザイナーズ住宅はその土地に合わせて作ることもできます。

・コストをカットしてもらえる場合もある
デザイナーズ住宅になると、予算の相談がしにくいイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。
予算が決まっているのなら、最初に予算を提示してからどんなものを取り入れたいのか相談してみましょう。
すると、一旦見積もりを出して予算がオーバーしているなら、建築士から代替案を提案してもらえます。
例えば、資材を似たものに変更したり、設備をワンランクだけ下げたものにしてみたりと、規格が決まっていないデザイナーズ住宅だからこそ、予算内に収めることができるのです。

デザイナーズ住宅のデメリット

一方、デザイナーズ住宅にもデメリットが存在します。

・建築士と相性が合わない可能性がある
デザインを売りにしている建築士にとって、デザインにこだわりを持って取り組んでいる方は多いです。
そんな中で、デザインの雰囲気や細かい部分に気に食わないところが出てきてしまい、そこで意見の食い違いが発生してしまうと、なかったことになってしまう可能性があります。
まずは無料で相談に乗ってくれるところ、もしくは先にその建築士がデザインした家の作品集などを見ておき、雰囲気を掴んでおくと後のトラブルにつながりにくくなるでしょう。

・デザイン料がかかる場合もある
基本的に建築士にデザイナーズ住宅の依頼をすると、総工費のおよそ10~15%が設計料金として徴収されます。
しかし、この他にもデザイン料が発生してしまう場合もあるのです。
デザイン料には相場がなく、言い値で決まってしまいます。
最初の相談の時点で、設計料金とデザイン料は別々なのか、もし別ならデザイン料はどれくらいかかるのか」と聞いてみると良いでしょう。

デザイナーズ住宅のメリット・デメリットを踏まえた上で自分と家族の理想に合った家づくりを行いましょう。

オススメリンク

  • 昭和住宅本社

    加古川・高砂の新築一戸建てや土地に関してのご相談はこちらまで。
    家を建てる時のご相談はもちろん、引渡し後の点検もさせていただいております。
    お客様との長いおつきあいをさせていただきます。

最新記事一覧